快適性を第一に考える!軽さ重視のウェブ制作をしよう

小さな画像ファイルを置きすぎない様にする

あまり大きな画像をウェブデザインに取り入れると、それだけで読み込みが遅いウェブサイトになると思い込まれがちです。しかし大きい画像だけはなく、小さな画像が数え切れないぐらい表示されるウェブサイトも重さを感じる事になるものです。それに加えて画像ファイルを幾つも呼び出す為に、サーバーへの通信が何度も行われて負担になるという点で、小さな画像を用意しすぎるのも考え物だと言えるでしょう。画素数が少なければ、大きな画像ファイルを幾つか表示するだけの方が負荷が余程少ないという事も多々あります。

なるべく重たいフレームを使用しないデザインにする

フレームを表示する事で常にメニューが最上部に表示される様にしたいと考えているのであれば、そのフレーム部分に重たいスクリプトや画像ファイルが載せられていないかチェックをしましょう。ウェブデザインにフレームが取り入れられているだけで、通常よりも多くのHTMLファイルを読み込む事になってしまうものです。それに加えて同時にスクリプトなども読み込む必要があるとなれば、想像よりも大きな負担をウェブサイトの利用者にかける事になってしまうと意識してください。

スクリプトのメモリリークのチェックを依頼する

Javaスクリプトをウェブサイト上で使いたいと思った際には、そのスクリプトがメモリリークを起こしていないか、ウェブ制作の業者にチェックをしてもらうのが良いでしょう。メモリリークが起きている場合は、ページを読み込む度にメモリの消費量が驚くぐらいに増えてしまう事も有り得ます。そうなるとウェブサイトの利用者から苦情が来る事も多いですから、ウェブ制作を請け負っている業者にスクリプトの内容をチェックしてもらいましょう。プロの技術であればスクリプトエラーなども直ぐに対処をしてもらえます。

コーディングとは、プログラミングを行うことです。システム開発では、設計書をもとに設計書通りにプログラムを作っていきます。