実際に誹謗中傷被害にあった場合にはどうすればよいか

まずは記録化すること

特にネットの世界では、ネットの匿名性を利用してさまざまな誹謗中傷が横行していますよね。書き込みはどこでも簡単にすることができますから、そうしたツールを使って根も葉もないうわさや流言飛語を世界中にあっという間に拡散できてしまいます。こうしたうわさなどをネットで流された場合、まず先決して行うこととしては、その情報を記録しておくことです。誹謗中傷が書かれたホームページをプリントアウトし、さらにサイトのURLなどを記録し、さらには書き込みした物の名前や日時まで事細かに記録しておければより安心ですね。

誹謗中傷の書き込み削除依頼をする

ネット上の誹謗中傷は簡単に流布されてしまうことがあります。なので、どのように誹謗中傷されているのかを記録したら、ネット上で拡散しないうちに削除してもらうように善処しなければなりません。具体的には、掲示板などの管理者やプロバイダなどに削除依頼を出してみましょう。プロバイダ責任法によって、掲示板の運営者やプロバイダの管理者には書き込みを削除できる権利がありますので、書き込みがされた日時などを伝えて速やかに削除してもらうようにしましょう。

情報の開示請求をする

誹謗中傷をされた場合、名誉棄損や業務妨害の罪でもって刑事告訴することが可能です。しかし匿名性の強いネットにおける誹謗中傷の場合、加害者の特定が難しいということがあります。しかしプロバイダ責任法によって、一定の条件が揃えば書き込み者の特定をすることができるようになっているので、もしネット上で誹謗中傷をされて、損害賠償請求などをする心づもりがあるのであれば、是非とも情報の開示請求をしてみるのもいいでしょう。

2ちゃんねるは原則誰でも書き込める自由な掲示板です。しかし不適切な内容、例えば電話番号等の個人情報、個人を特定できる誹謗中傷などは2ちゃんねる削除の対象となることがあります。