故障したパソコン修理でやっていはいけないこととは!?

データが消えてしまう事もあるパソコン修理のNG

パソコンを使っていれば、突然画面がフリーズしてしまったり、起動しなくなってしまうと言ったことも起きてきます。そして、そんなおラブルや故障が起きたパソコン修理をする時には、次のような事はやってはいけません。例えば、壊れているからとパソコンを叩いて直すという事です。良く昔のブラウン管テレビの一部などは叩けば実際に写りが良くなると言ったこともありましたが、現代のパソコンは非常に精密な機械となっているので叩くのは悪影響しかありません。また、最悪の場合データが消える恐れもあるので、絶対にしては行けない事にあげられます。

パソコン修理では余計にいじらない事が大切

叩くのはご法度ですし、その他にも勝手に動かないからとあれこれいじらないことが重要です。その故障やトラブルの原因を把握出来ていて、的確な修理が行える知識がある方ならば問題ありませんが、そうでない場合は勝手にいじるとレジストリと言ったパソコンの重要なファイル類を消してしまったりする場合も出てきます。パソコンがちゃんと動くために欠かせないレジストリファイルが壊れればデータが消えるばかりか、復旧させるのも困難になってしまうでしょう。なので、知識のない方は勘などに任せていじらないことが大切です。

パソコン修理は業者に依頼するのが簡単

パソコンの操作方法は分かっても、その故障の修理方法は分からない方が大半です。また、その知識が無い方も多いので、パソコン修理はその修理業者に任せると良いでしょう。何時間もその原因をネットで調べて追求するよりも、業者を使ったほうが圧倒的に短時間で修理が終わりますし、簡単に直してもらえます。お金は掛かりますが、何時間修理にかかるかわからないで自ら行うよりも、プロに見てもらった方が確実かつ早く直り、直ぐにパソコンが使えるようになってきます。

パソコンの修理の前に、必ずデータのバックアップを行いましょう。長年収集してきた貴重なデータです。紛失する前にハードディスク等にきちんと保管する事をおすすめします。