SNS全盛の今こそ見直されている、ホームページの作り方とは?

今を切り取るSNS、作品を残せるホームページ

TwitterやFacebook、LINEなどのSNSは、今では誰でも使っていますよね。2010年頃まではブログやホームページも盛んでしたが、もう使われなくなったのでしょうか?そんなことはありません!SNSがユーザーの「今」を表現するものだとすると、ホームページは、文章やイラスト、日記に趣味の情報など、その人が今までに手がけた作品を蓄積することができるものであると言えます。そんなホームページですが、どうやって作れば良いかをご紹介します。

本格的に作りたいなら、HTMLを覚えよう!

ホームページは、HTMLと呼ばれる言語で作られています。HTMLを組み合わせることで、「ここはタイトル、ここは本文で、ここには画像を掲載しよう」など、文章の構造を作ることができるのです。また、どのようなグラフィックで表示するかは、CSSという言語で決めることができます。ちょっとややこしいですが、HTMLが家の骨組みだとすると、CSSは部屋のインテリアです。HTMLもCSSも、丁寧に解説されたウェブサイトや書籍がありますから、一から本格的に作りたい方は参考にしてみてください。

ブログやお絵描きサービスならもっとカンタン!

さて、「ホームページは作りたいけれど、HTMLを覚えるのは難しそう」という方は、ブログを使うのがおすすめです。ブログであれば、記事のタイトルと本文、画像などを入力するだけで簡単にページを作れますし、ブログランキングにも参加できますね。レイアウトはHTMLとCSSを自分で作るよりは限られますが、サービスによってはHTMLとCSSを自分で編集することもできますから、勉強用にブログを始めても良いでしょう。また、お絵描きや写真など、投稿するテーマがいつも決まっている方は、これらに特化したコミュニティサービスを利用することもできますよ。ぜひ、自分らしい魅力的なホームページを作ってみましょう。

ホームページ制作を行う際には、専門業者に依頼することで、専門的な知識や技術を持った人による作業で高品質な仕上がりになります。